教育に関するコラムです

家計を悩ます教育費

子どもにとって、世間に通用するための最低限の教育をうけることは大切なことであり、憲法でも教育を受ける権利は保証されています。
しかし、いざ教育を受けさせるとなると、たいていの両親はその費用が家計を圧迫することに悩まされます。
ありがたいことに義務教育が日本では認められているため公立の小・中学校に通わせる限りはそこまで負担は大きくありませんが、私立の学校に通わせるとなるとかなり出費が増えてしまいます。
また、学習塾や家庭教師を利用すればそれだけ教育にかかるお金は家計を圧迫し、子どものためにうまくやりくりしないといけなくなります。
とはいえ子どもの教育に対する意欲を抑えたくはないですから負担に苦しむ保護者は葛藤せざるをえません。
やがて高校生・大学生になると私立に通う可能性も増え、受験に備えて塾通いを始める子どもも増えていきます。
大学生だと本人がアルバイトでカバーしてくれることもありますが、多少は親のサポートをうけることが多く、教育費から逃れることはなかなかできないのです。
少しでも教育費を減らすには国公立に通わせたり、奨学金を申請したり、できるかぎり学校のサポートを頼って塾通いをしないなどの工夫が必要になります。
しかし、親としてはたとえコストが高くても、最高の教育を受けさせたいのであれば他の出費を減らす努力をすることも大切です。
また、どうしてもお金をまわせない場合は、素直に子どもと相談して学校選びに慎重になることも大切です。

Sitemap